人との出合い、とか恋愛関係にも体質って存在?

  • 2012.07.07 Saturday
  • 17:03

 「人との出合い、とか恋愛関係にも体質って存在するんですか? 」


出合い由美です。
常に恋愛・出会いを求めている人で、現在恋人が居ても更に好みの人・今より良い人などを探している人。
With those who are always asking for love and encounter and who are looking for the person better than further favorite person and now etc. even if a sweetheart is now
男女関係なく特に運命、特別、劇的という言葉やニュアンス(英語)を好む傾向があります。そして相手に幻滅するのも早いです。
簡単に言うと惚れっぽく自分に都合良く考える脳の状態
The state of the brain which is characteristic of 惚れ as saying simply, and it considers with sufficient convenience for itself 、でしょうか。
相手の親切などを全て「自分はこの人に(異性として)好意を持たれている?」と取り違えることが多いので、重度の人はちょっとのやり取りで好きになってしまったり、好かれていると錯覚します。It has an illusion that it takes to it or is liked.

その為すぐ心(恋愛対象)が移り、なまじ行動力があると短期間で告白やプロポーズをすることもあり、結果、当然失敗や長続きせず別れることが多いです(もちろん例外はあります・・・それこそ運命やも)。
恋愛依存症との違いは「現在、恋人・伴侶が居ることで満足するか否か」
もちろん、不仲の状態に陥った時は第三者がよく見えたり心が移ることはいくらでもあり得ますが、出会い恋愛体質は劇的なものへの憧れが強いので「シンデレラシンドロームCinderella syndrome 」などを含む傾向が見られます。
※Cinderella syndrome (英語)=いつか私にも王子様(またはお姫様)が・・・!という夢。中年以降になっても少女的発想を持ち続ける(信じ続ける)独身者に多く、中には結婚しても配偶者ともかく王子様/お姫様を待ってる人もいます。
よって”恋人が居ることで心が安定する”=恋愛依存症Love dependence とは厳密には違い、恋人が居ても居なくても"常に恋を探している"=錯覚が大部分を占める脳の状態。また色んな異性を"味見"してみたいという性質(特に男性に多い)。
ただし出会い恋愛依存症の方が精神状態が不安定A mental condition is unstable.
ですので、実は恋愛体質の方がまだ改善(回復)の見込みがあります。
幼少、親に愛されている"実感"が乏しかった人は成長しても不安傾向を持ちますから、恋愛依存症の比率が高く、より重度の人は依存性人格障害の分類に入ります。
恋愛体質のひとが、相手の親切を恋愛に変換して考えている時点で心の成長が未発達とも言えます。
親切=モラル・道徳心から来るもの、礼儀など色々あり得ますので・・・
ちなみに恋愛体質は一時的なことが多いですから病理などはほぼないと思われます。ただし一生続くのであれば『ある意味病気』ですね。これは直し難いでしょう(汗。
英語eigo多用ですみません。

スポンサーサイト

  • 2017.05.14 Sunday
  • 17:03
  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << May 2017 >>

    link

    selected entries

    categories

    archives

    recommend

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM